ロメオとジュリエット @ メトロポリタン・オペラ 〜 注目の新演出とスターの地位を確立したヴィットリオ・グリゴーロ

あまりにも有名なシェイクスピアの名作をオペラ化したグノーのロマンチックな作品、ロメオとジュリエット。比較的マイナーなオペラの割にはメトでは人気の高いこの作品、2011年以来6年ぶりとなる今シーズンの舞台はバートレット・シャーによる新演出となった。

 Romeo 01

今回の恋人たちを演じるのは、ヴィットリオ・グリゴーロディアナ・ダムラウという、注目の顔合わせ。

      Romeo 02

まずはロメオ役のグリゴーロ「パヴァロッティ2世」との触れ込みで登場した2010年のメト・デビュー(ラ・ボエ−ム)時は、声のコントロールが十分ではなく、やや不安定な歌いぶりだったが、最近は安定感が増し、今回は持ち前のイタリアン・テナーらしい美声と豊かな声量で、若々しく情熱的にこの役を歌っていた!

 Romeo 03
 Romeo 04

そしてジュリエット役のダムラウ。いつも安定感抜群の彼女なのだが、今回は声帯がやや疲れているような感じで、高音域で少し声が硬くなり、詰まり気味に聞こえるなど、ムラのある歌いぶりと感じたが、それでも存在感はさすがで、情感豊かにこの役を歌いきっていた。

 Romeo 05
 Romeo 06

ロマンチックなデュエットのシーンなどは二人の息もピッタリで聴きごたえ十分、よほど満足のいく舞台だったのか、終演後にグリゴーロが思わずダムラウを抱き上げたほど!

 Romeo 08
 Romeo 16
 Romeo 07
 Romeo 15

基本的にこの二人中心に展開されるオペラだが、脇を固める歌手陣もローレンス神父ミハイル・ペトレンコらが手堅い歌唱で主役を盛り立てていた。中でも、狂言回し的存在のステファーノ役のヴィルジニー・ヴェレスの伸びやかな歌唱が印象的だった。

 Romeo 10
 Romeo 12
 Romeo 09
 Romeo 11

指揮は日本でもおなじみのジャナンドレア・ノセダ。フランス音楽のイメージはあまりない人だが、持ち前のダイナミックな音楽づくりはそのままに、グノーのロマンチックな旋律もよく歌わせていた。

 Romeo 13

メトでもすっかりおなじみの存在のシャーの舞台は、すでに2008年のザルツブルク音楽祭でプレミエ上演され、ミラノ・スカラ座などでも上演されたものだが、少し平凡な感じだろうか。個人的には、以前のギイ・ ヨーステンのロマンチックさ満点の舞台の方が好み。

  Romeo 14

今回の上演で、グリゴーロの時代を担うイタリアン・テナーとしての地位を確立させた感じ。今後も楽しみです!

 Romeo 17
 Romeo 18

Romeo et Juliette (1867年、パリ・リリック劇場にて初演)
演出: Bartlett Sher
指揮: Gianandrea Noseda
Juliette: Diana Damrau
Romeo: Vittorio Grigolo
Frere Laurent: Mikhail Petrenko
Stephano: Virginie Verrez
Tybalt: Diego Silva
Paris: David Crawford
Capulet: Laurent Naouri
Mercutio: Elliot Madore
Gertrude: Diana Montague
Gregorio: Jeongcheol Cha
Benvolio: Tony Stevenson ほか
2017年1月21日、メトロポリタン歌劇場


⇒ 2011年公演感想

⇒ シェア演出のメト「オテロ」感想

⇒ グリゴーロ出演・シェア演出のメト「愛の妙薬」感想

⇒ ダムラウ出演メト「真珠採り」感想

⇒ ペトレンコ出演・シェア演出のメト「セヴィリアの理髪師」感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード