海難 1890 〜 感動的な史実を映画化

日本トルコ友好125周年を記念して、両国の長年にわたる友好関係を象徴する2つの史実を取り上げて、「サクラサク」(14年)田中光敏監督が映画化したもの。日本では2015年12月に全国公開され、公開週に興行ランキングの4位にランクインしている(トップは「007 スペクター」)。

     Memory Poster

1890年、オスマン朝トルコから日本へ派遣された親善使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号だが、和歌山県串本町沖で座礁し、沈没してしまう。

 Memory 1

乗組員500人の大半が海に投げ出されて命を失うが、医師の田村(内野聖陽)やその助手のハル(忽那汐里)ら町民の懸命の救助活動により、ムスタファ大尉(ケナン・エジェ)ら69名が救助される…

 Memory 2

イラン・イラク戦争さなかの1985年のテヘラン。イラク軍のミサイル攻撃により、危険が高まる中、在留邦人たちはテヘランから脱出するために空港へ向かうが、日本航空自衛隊も救援機を差し向ける事がかなわない状況にある事が判明する。

 Memory 3

現地の状況が危険過ぎるとの理由で日本政府が救援機の派遣をためらう中で、トルコ政府が日本人救出のために、救援機を派遣する事を決めるのだった…

 Memory 4

世界三大親日国の一つと言われるトルコ。そのトルコ日本との友好関係が確立するきっかけとなった1890年の「エルトゥールル号海難事故」と、それから100年近く経った1985年にあった「テヘラン邦人救出劇」の2部で構成されている作品。

 Memory 5

その二つで描かれている日本・トルコの一般の人たちの無私の精神、それによって両国の人々たちの心が通い合う様を見るのはやはり感動的!

 Memory 6

史実をしっかりと伝えることに主眼が置かれたためか、映画作品としてみると、物足りなさが残るのだが、やはり史実の重みには圧倒される。二つのストーリーに忽那汐里ケナン・エジェが出演しているのが、異なる時代の橋渡し的存在にも感じられ、象徴的。  ⇒ 7/10点

 Memory 7

海難1890
(2015年・日本/トルコ)
監督: 田中光敏
キャスト: 内野聖陽、ケナン・エジェ、忽那汐里、アリジャン・ユジェソイ、小澤征悦、宅間孝行、大東駿介、渡部豪太、徳井優、小林綾子、螢雪次朗、かたせ梨乃、川野直輝、三輪ひとみ、斉藤とも子、池谷のぶえ、みのすけ、辻本祐樹、金子昇、高田敏江、上田耕一、夏川結衣、永島敏行、竹中直人、笹野高史 ほか
上映時間: 132分
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード