ジョイ 〜 デヴィッド・O・ラッセル、ジェニファー・ローレンスのコンビで描く女性発明家の半生

アメリカの女性発明家ジョイ・マンガーノの波乱の半生を「アメリカン・ハッスル」(13年)「世界に一つのプレイブック」(12年)デヴィッド・O・ラッセル監督が映画化したもの。主演は今やすっかりトップ女優となったジェニファー・ローレンス。全米では2015年12月に公開され、公開週に興行ランキングの3位にランクインし(トップは「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」)、翌年のアカデミー賞ではローレンスが主演女優賞にノミネートされた。なぜか日本では劇場公開されず、ビデオスルーとなった(2017年2月22日)。

      Joy Poster

1989年のアメリカニューヨーク州ロングライランドに住むシングルマザーのジョイ・マンガーノ(ローレンス)は、二人の子供を含む家族の面倒を見るため懸命に働いていたが、暮らしは一向に楽にならない。

 Joy 1

そんなある日、割れたグラスの掃除に使ったモップを絞ろうとして手を怪我したジョイは、触らずに絞ることが出来るモップのアイデアを思いつき、早速父親ルディ(ロバート・デ・ニーロ)の恋人トルーディ(イザベラ・ロッセリーニ)に資金援助してもらい、父親の工場でモップを生産する事に。

 Joy 2

せっかく出来上がった彼女の発明品に、誰も見向きもせず、落胆するジョイ。ところが、ふとしたきっかけでショッピングチャンネル「QVC」ニール・ウォーカー(ブラッドリー・クーパー)と知り合い、ついに彼女の発明品が番組で紹介されることとなる。これで順風満帆かと思いきや、彼女の前に次から次へと障害が立ちはだかるのだった…

 Joy 3

今が旬のジェニファー・ローレンスアメリカでも有名な女性発明家を演じたこの作品、それにしても、主人公のジョイには、テレビ・ショッピングで念願の成功を手に入れたにも関わらず(或いはそのためか)、次から次へと、面白いように災難が振りがかかる。どんな障害にもめげずに前を向いて進んで行く姿を演じたローレンスには、旬の女優さんならではの力強さを感じる。

 Joy 4

そのローレンスの脇を、「世界に一つのプレイブック」「アメリカン・ハッスル」でも共演したブラッドリー・クーパーロバート・デ・ニーロら豪華共演陣がしっかりと固めている。惜しむらくは、語り口のうまさでは定評のあるラッセル監督にしては、ストーリーの流れが悪く、終わり方も何となく中途半端な事だろうか。  ⇒ 7/10点

 Joy 5

ジョイ
Joy (2015年・アメリカ)
監督: David O. Russell
キャスト: Jennifer Lawrence, Bradley Cooper, Robert De Niro, Isabella Rossellini, Edgar Ramirez, Diane Ladd, Dascha Polanco, Elizabeth Rohm, Virginia Madsen, Melissa Rivers, Donna Mills, Susan Lucci, Maurice Benard, Laura Wright, Alexander Cook, Jimmy Jean-Louis, Drena De Niro ほか
上映時間: 124分


⇒ 「アメリカン・ハッスル」(13年)感想オススメ!

⇒ ローレンスがブレイクするきっかけとなった人気シリーズ最終作「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」(15年)感想

⇒ クーパー主演作「アメリカン・スナイパー」(14年)感想オススメ!

⇒ デ・ニーロの渋い演技が光る「マイ・インターン」(15年)感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード