ラ・ラ・ランド 〜 アカデミー賞で何部門制覇を果たすか?

「セッション」(14年)で一躍注目を集めた新鋭デミアン・チャゼル監督の最新作で、自身のオリジナル脚本による話題のミュージカル映画。2016年のヴェネツィア映画祭のオープニング作品としてプレミエ上映され、各地の映画祭で絶賛された後、全米では12月に限定公開され、上映館数が拡大された公開6周目に興行ランキングの2位にランクイン(トップは "Hidden Figures")している。今年のアカデミー賞では、「イヴの総て」(50年)・「タイタニック」(97年)と並ぶ、アカデミー史上最多14部門でノミネートされている。

      La La Land Poster

カフェで働きながら、オーディションを受け続けている女優志望のミア(エマ・ストーン)は、またしてもオーディションに落ちた日の夜、店内から聞こえてきたピアノの音色に引き込まれて入ったジャズ・バーで、ピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴスリング)と出会う。

 La La Land 1

オーナー(J・K・シモンズ)の意向に反して自作の曲を弾いたがために店をクビになったばかりのセバスチャンとの出会いは最悪だったのだが、ミアは、ある日招かれたとあるパーティーで、演奏していたセバスチャンと偶然再会する…

 La La Land 2

弱冠32歳の新鋭チャゼル監督が、過去の名作ミュージカルへのオマージュ満載の映画を作り上げているが、決してノスタルジーで塗りつぶされた作品ではなく、それらのシーンを巧みに織り込みながら、あくまで現代の物語として成立させているところに監督のセンスの良さを感じさせる。

 La La Land 3

共にアカデミー賞にノミネートされている主演二人のうち、エマ・ストーンが、主演女優賞間違いなしともいうべき、圧倒的な存在感で印象的。彼女に比べると、ライアン・ゴスリングは少し印象が薄い感じだろうか。

 La La Land 4

見ていて素直に楽しめるエンターテイメント作品といった感じではあるものの、過去の名作ミュージカルに比べると、ストーリー・音楽・ダンス(これはやはりフレッド・アステアには敵うべくもない!)、いずれも傑出したものがないのが残念。ところが、あまりにもロマンチックで少しほろ苦いエンディングがそういった物足りなさを吹き飛ばすかのような素晴らしさで、チャゼル監督はこのエンディングを実現させるために、映画を作ったのかと思わせるほど!

 La La Land 5

このエンディングなかりせば、まあまあ良い作品で終わっていたのかもしれないが、これで一気にこの映画への好感度が高まりました。 アカデミー賞ではどのように評価されるのか楽しみ!  ⇒ 9/10点

ラ・ラ・ランド
La La Land (2016年・アメリカ)
監督: Damien Chazelle
キャスト: Emma Stone, Ryan Gosling, Rosemarie DeWitt, J.K. Simmons, John Legend ほか
上映時間: 128分


⇒ 「セッション」(14年)感想

⇒ ストーン主演作、ウディ・アレンの「教授のおかしな妄想殺人」(15年)感想

⇒ ゴスリング出演作「マネー・ショート 華麗なる大逆転」(15年)感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード