ボストン交響楽団 演奏会

シーズンに数回、カーネギー・ホールに客演するボストン交響楽団。今シーズンも音楽監督のアンドリス・ネルソンスと共に2月28日から3日にわたってカーネギー・ホールに来演!

 BSO 1

私が訪れたのは2月28日の回で、当日のプログラムはグバイドゥーリナの3重協奏曲に、「レニングラード」の通称で知られるショスタコーヴィチの長大な交響曲第7番

      BSO 2

ロシア・タタールスタン共和国出身のグバイドゥーリナの新作で、本日の演奏会に先立って 2月23日にボストンで同じコンビによって初演されたばかりの3重協奏曲、ヴァイオリンとチェロに加えて、彼女が好んで使っているロシアの民俗楽器でアコーデオンの仲間であるバヤンを使用しているのが面白い。

 BSO 3

そのバヤンのどことなく幻想的な音色から始められるこの曲、25分ちょっとの演奏時間の中で、3つの楽器が絡み合いながら曲が進められていくが、ところどころ響きにグバイドゥーリナらしさを感じさせる部分があるものの、どことなく取り止めがない印象。ソリストはバヤンエルスベス・モーザー、ヴァイオリンのバイバ・スクリデ、チェロのハリエット・クリーヒと全員女性だった。

 BSO 4

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツ軍とのレニングラード包囲戦のさなかで作曲されたこの長大なシンフォニー、第1楽章が30分近くと、他の3楽章(合わせて45分前後)に比べ圧倒的に長いという、特異な構成で、その第1楽章途中から小太鼓の切れ目ないリズムに乗って展開される「戦争の主題」は凄まじい迫力。

 BSO 5

ネルソンスは小太鼓を際立たせる事によって大軍勢が進撃しているかのような圧倒的な音響を作り出しているが、その比類ない迫力の反面、どことなく音楽が空虚に響いている感じも受ける。この第1楽章に比し、残りの3楽章は、ショスタコーヴィチとしてはやや音楽の密度が低い感じもあり、ネルソンスとオーケストラの熱演もあって、演奏終了後はブラボーの声と共に満場割れんばかりの拍手に会場が包まれたものの、個人的にはあまり満足感は得られなかった。

 BSO 6

ショスタコーヴィチの15ある交響曲の中で、本作は傑作/駄作の評価が分かれる曲のようだが、私は駄作とまでは言わないものの、どちらかといえば、後者の意見。

 BSO 7

ボストン交響楽団 演奏会
指揮: Andris Nelsons
Gubaidulina: Triple Concerto for Violin, Cello, and Bayan (2017、ニューヨーク初演)
ヴァイオリン独奏: Baiba Skride
チェロ独奏: Harriet Krijgh
バヤン独奏: Elsbeth Moser
Shostakovich: Symphony No. 7 in C Major, Op. 60
2017年2月28日、カーネギー・ホール


⇒ 2015年のボストン響カーネギーホール公演 感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード