ウェルテル @ メトロポリタン・オペラ 〜 グリゴーロを聴きに行ったと思ったら。。。

先日の「ロメオとジュリエット」の好唱で、すっかりメトの次代を担うスターとなったヴィットリオ・グリゴーロ。その彼が続けて出演したのが、「マノン」と並ぶマスネの代表作、「ウェルテル」。こちらの歌唱も評判が良く、楽しみにメトへ!

 Werther 01

と思ったら、公演最終日だったこの日は、グリゴーロが出演していない事をプログラムを見て知る… 当日は、フランスのテナー、ジャン=フランソワ・ボラスがウェルテル役だった。相手役のシャルロットイザベル・レナード

      Werther 02

さて、気を取り直してそのボラス。すでに2014年のメトの公演でこの役を歌ってメト・デビューしており(その時は未聴)、ヨーロッパを中心に各地の歌劇場での実績も十分。リリックな声質だが声量・高音の伸びも十分で、なかなかの歌唱で、観客からも盛大な拍手を受けていた。惜しむらくは、フォルテで声を全開にしている時は良いのだが、ピアノからメゾフォルテ、かつ中〜低声域では歌唱が不安定に聴こえ、メロディー・ラインが綺麗に浮かび上がってこないきらいがあった事だろうか。

 Werther 03

ウェルテルが恋い焦がれるシャルロット役のレナード、メトで活躍し始めた頃は、声量が小さめという事もあるのか、メトの広大な空間では、表現の幅が狭いように聴こえるきらいがあったのだが、最近は情感を上手に歌に込められるようになってきたように感じる。本日のシャルロット役も感情のこもった歌唱で、印象的だった!

 Werther 04
 Werther 05

二人の主役を支える他のキャスト、シャルロットの妹ソフィー役のアンナ・クリスティシャルロットの夫アルベール役のデイヴィッド・ビジックらも丁寧な歌いぶりで好印象。

 Werther 06
 Werther 07

指揮はイングリッシュ・ナショナル・オペラの音楽監督を2015年まで務め、現在はベルゲン・フィルの音楽監督であるエドワード・ガードナーマスネの音楽はフランス・オペラらしい流麗でロマンチックな旋律の中に、ワーグナーを色濃く思わせる響きが感じられる独特なものだが、その音楽を十分に表現しきれていない感じで、もどかしさが残った。

 Werther 08

2014年にプレミエ上演されたリチャード・エアの演出は、このロマンチックなオペラを楽しむのに過不足のないもの。もっと上演されてもいい優れたオペラだと思うのだが、私が足を運んだ日がメトでは87回目の上演だった。

 Werther 09
 Werther 10
 Werther 11

Werther (1892年、ウィーン宮廷劇場にて初演)
演出: Richard Eyre
指揮: Edward Gardner
Werther: Jean-Francois Borras
Charlotte: Isabel Leonard
Sophie: Anna Christy
The Baliff: Maurizio Muraro
Albert: David Bizic ほか
2017年3月9日、メトロポリタン歌劇場


⇒ カウフマンが出演した2014年のメト「ウェルテル」感想

⇒ レナード出演のメト「フィガロの結婚」感想

⇒ ガードナー指揮のメト「ばらの騎士」感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード