椿姫 〜 進境著しいヨンチェヴァのヴィオレッタ!

すっかりメトでもお馴染みになったウィリー・デッカー演出の「椿姫」。今シーズンはブルガリアのソプラノ、ソーニャ・ヨンチェヴァヴィオレッタに迎えての公演。

 Traviata 01
      Traviata 02

2013年のリゴレットでのジルダ役メト・デビューして以来、ボエームのミミオテロのデスデーモナなど、順調に主要な役をこなしてきているヨンチェヴァヴィオレッタは2014-15年シーズンにすでにメトで歌っている(私は未聴)のだが、今回のメト出演ではさらに進化した歌を聴かせてくれた!

 Traviata 03

彼女の声は、どちらかと言えば硬質な感じなのだが、低声域から高声域までムラがなく、トップノートでも輝かしく力強い。そういう意味では、病弱なというよりも、生命への欲求を感じさせるヴィオレッタなのだが、感情表現もなかなか細やかで、3幕それぞれ異なった歌唱表現が要求される屈指の難役を素晴らしく歌いこなしていた。細かいところは、まだまだ良くなっていくだろうし、これからもメトでの活躍が本当に楽しみ!

 Traviata 04
 Traviata 05

アルフレード役アメリカの若手テナー、マイケル・ファビアーノ。こちらはトップノートの力強さはまずまずだが、見た感じ同様、ちょっと神経質なアルフレードといった感じ。

 Traviata 06
 Traviata 07

アルフレードの父ジェルモン役はベテラン、トーマス・ハンプソン。前半の舞台で体調不良のため降板したりして心配していたが、当日は無事に出演。かっての威力あるバリトン声ではなくなって久しいが、抑えた歌いぶりが、かえってこの役に相応しい感じだった。

 Traviata 08
 Traviata 09

タクトを取ったのは、サンフランシスコ歌劇場の音楽監督を務めるニコラ・ルイゾッティで、こちらは活気のあるテンポで、過不足のないサポートぶり。

 Traviata 10

2005年のザルツブルク音楽祭アンナ・ネトレブコを一躍スターダムに押し上げたウィリー・デッカーの舞台は、主役のヴィオレッタに演技力が要求されるものだが、ヨンチェヴァはここでも無難にこなしていた。

 Traviata 11
 Traviata 12

La Traviata (1853年、ヴェネツィア・フェニーチェ劇場にて初演)
演出: Willy Decker
指揮: Nicola Luisotti
Violetta: Sonya Yoncheva
Alfredo: Michael Fabiano
Germont: Thomas Hampson ほか
2017年3月11日、メトロポリタン歌劇場


⇒ 2012-13年シーズンのメト「椿姫」感想

⇒ ヨンチェヴァ出演のメト「オテロ」感想

⇒ ファビアーノ出演のメト「ラ・ボエーム」感想

⇒ ハンプソン出演のメト「ホフマン物語」感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード