ラビング 愛という名前のふたり 〜 平凡な夫婦の、歴史を変えた闘い

米国において、異人種間の結婚を禁止した法律が変わるきっかけとなった実在の夫妻の闘いを描いた作品。監督は「テイク・シェルター」(11年)「MUD -マッド-」(12年)で注目された新鋭のジェフ・ニコルズ。2016年のカンヌ映画祭でプレミエ上映され、絶賛された後、全米では11月に限定公開されている。今年のアカデミー賞では、ルース・ネッガ主演女優賞にノミネートされたが、受賞はならなかった。

      Loving Poster

1958年のアメリカ。大工をしている白人青年、リチャード・ラビング(ジョエル・エドガートン)は、恋人の黒人女性ミルドレッド(ネッガ)が妊娠した事をきっかけに、彼女と結婚する事を決断。彼らが住んでいたバージニア州では、当時異人種間の結婚は違法とされていたため、二人は結婚が許容されている隣のワシントンD.C.で婚姻届を出す事に。

 Loving 1

こうして結婚した二人はバージニア州で新婚生活をスタートさせるが、ある日夜中に突然町の保安官ブルックス(マートン・チョーカシュ)が現れ、二人は州の法律に違反したとして逮捕されてしまう。

 Loving 2

離婚するか、他州に移り住んで25年間はバージニア州に戻ってこないかの選択を迫られた彼らは、やむなく親兄弟と別れ、ワシントンD.C. に移り住むのだが、次第に家族と離れて都会の狭いアパートに住むのが耐えられなくなり、二人は故郷で住む権利を求めて州を提訴するのだった…

 Loving 3

1958年のアメリカ。この時代は、キング牧師に主導された公民権運動が高まりを見せていた頃なのだが、その一方で、ごく平凡な夫婦が、当然の権利を求めて、静かな闘いを挑んでいた事は、この映画を観て初めて知った。

 Loving 4

二人は、キング牧師のような理想や思想をことさら持っているわけではなく、自分たちの権利を声高に主張する事もなく、静かに、粘り強く闘いを続けていく。そんなラビング夫妻エドガートンネッガの二人が静かに、素晴らしく演じている。

 Loving 5

そして1967年6月、最高裁まで行った彼らの訴えは、遂に認められる事になる。この事実は感動的ではあるが、映画としては、少し起伏がない感じなのが残念。他に彼らを取材するライフ誌のカメラマン、グレイ・ヴィレット役でマイケル・シャノンが出演。  ⇒ 7/10点

 Loving 6
 Loving.jpg
 実際のラビング夫妻

ラビング 愛という名前のふたり
Loving (2016年・アメリカ)
監督: Jeff Nichols
キャスト: Ruth Negga, Joel Edgerton, Michael Shannon, Marton Csokas, Nick Kroll, Terri Abney, Alano Miller, Jon Bass, Bill Camp, David Jensen, Sharon Blackwood, Christopher Mann, Winter-Lee Holland, Michael Abbott Jr., Chris Greene, Will Dalton ほか
上映時間: 123分


⇒ 「MUD -マッド-」(12年)感想オススメ!

⇒ エドガートン出演作「エクソダス:神と王」(14年)感想

⇒ シャノン出演作「マン・オブ・スティール」(13年)感想太鼓判!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード