ムーンライト 〜 今年のアカデミー作品賞獲得!

ブラッド・ピットが製作陣に名を連ね、各地の映画祭で絶賛された新鋭バリー・ジェンキンズ監督の作品。2016年9月のテルライド映画祭でプレミエ上映された後、全米では10月に限定公開されている。作品賞を発表し間違えるという前代未聞の事態が発生した今年のアカデミー賞では、8部門にノミネートされ、見事作品賞の栄冠に輝いたのを始め、助演男優(マハーシャラ・アリ)・脚色賞も受賞している。

      Moonlight Poster

マイアミの貧困地域で、麻薬常習者のシングル・マザー、ポーラ(ナオミ・ハリス)と一緒に暮している少年シャロン(アレックス・R・ヒバート)

 Moonlight 1
 麻薬に溺れる母ポーラ(ハリス 〜 アカデミー助演女優賞にノミネート)

ポーラからは育児放棄され、「リトル」とあだ名をつけられて学校の子供たちからいじめを受けている彼は、唯一の友人ケビン(ジェイデン・パイナー)と、偶然いじめられている彼を助けてくれた麻薬ディーラーのホアン(アリ 〜 出演時間は短いが印象的な演技!)とそのガールフレンドのテレサ(ジャネール・モネイ)たちだけが心の支えだった(第1部: リトル)

 Moonlight 2

ティーンエイジャーとなったシャロン(アシュトン・サンダース)ホアンはドラッグ絡みで殺されてこの世にはいないが、テレサは相変わらず彼には優しく接してくれている。学校では未だにいじめを受けている彼だが、友人として変わらず接してくれているケビン(ジャレル・ジェローム)に次第に特別な感情を持つようになるのだった… (第2部: シャロン)

 Moonlight 3

3部作構成で、孤独で繊細なLGBTの黒人小年の成長の軌跡を描いた作品。主人公シャロンは3人の俳優がそれぞれぼ部で別々に演じているが、映画を通じて彼が見つめる他人・外の世界が一貫しているのが、この映画を一本芯の通った作品とするのに貢献しているように思う。そういう意味では、「6才のボクが、大人になるまで。」(14年)と同じ系譜の作品だろうか。

 Moonlight 4
 ホアンが殺された後も、シャロンに優しく接するテレサ

映画の舞台は麻薬や暴力がはびこるマイアミアトランタの貧困地域なのだが、そうしたすさんだ地域を舞台にしていても、画面には不思議に静謐感と透明感・詩情が漂っている。その中で成長していくシャロンの心が観る者に染み入るように伝わり、共感を感じさせるところがこの映画の良さだろうか。

 Moonlight 5
 大人になってから久しぶりにケビン(右: アンドレ・ホランドと再会するシャロン(左: トレヴァンテ・ローズ

ジェンキンズ監督の繊細な感性が生かされたいい映画だと思うが、アカデミー作品賞作品としては、もう少し強く心に迫るものが欲しい感じがする。映画としては、作品賞の候補にもならなかったクリント・イーストウッド監督の、これぞ映画といった感じの「ハドソン川の奇跡」の方が完成度が高いだろうか(好き嫌いの問題と言われればそれまでなのだが)。白人偏重と騒がれた昨年のアカデミー賞の影響があったのかも知れない。  ⇒ 8/10点

 Moonlight 6

ムーンライト
Moonlight (2016年・アメリカ)
監督: Barry Jenkins
キャスト: Trevante Rhodes, Ashton Sanders, Alex Hibbert, André Holland, Jharrel Jerome, Jaden Piner, Naomie Harris, Janelle Monáe, Mahershala Ali, Patrick Decile ほか
上映時間: 111分


⇒ 前代未聞の騒動に見舞われた今年のアカデミー賞

⇒ 「6才のボクが、大人になるまで。」(14年)感想オススメ!

⇒ 「ハドソン川の奇跡」(16年)感想傑作!!!

⇒ ハリス出演作「007 スペクター」(15年)感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード