イドメネオ @ メトロポリタン・オペラ

3月も後半に入り、いよいよ終盤に入ったメトのシーズン。この日はモーツァルト25歳の時のオペラ、イドメネオ

 Idomeneo 01

メトで残り少なくなった、名演出家ジャン=ピエール・ポネル演出によるこの舞台、ジェームズ・レヴァインの指揮で、歌手陣はマシュー・ポレンザーニのタイトル・ロールを始め、中堅どころが揃えられている。

      Idomeneo 02

昨年12月のナブッコでも復調ぶりを感じさせてくれたレヴァイン、今回のイドメネオでも、生命感に溢れた、生き生きとした演奏で、モーツァルトの流麗な音楽を存分に堪能させてくれた。作曲当時、流行遅れとなりかけていたオペラ・セリエの形式で書かれた作品ながら、モーツァルトらしい、素晴らしい音楽が詰まっている事を今回初めて実感させられた!

 Idomeneo 03

歌手陣は、ノーブルにイドメネオ役を歌ったポレンザーニをはじめ、イダマンテ役イギリスのメゾ、アリス・クートイリヤ役ナディーヌ・シエラら、いずれも好唱。特に、このオペラ随一の強いキャラクターで印象的なアリアを割り当てられているエレットラ役エルザ・ファン・デン・ヒーヴァーの迫力ある歌唱が印象的だった。

 Idomeneo 04
 Idomeneo 05
 Idomeneo 06
 Idomeneo 07
 Idomeneo 08
 Idomeneo 09
 Idomeneo 10

時代設定をギリシャ神話の時代から、18世紀に移し替えたポネルの演出は、オペラ・セリアの雰囲気を良く再現している感じ。もっと上演頻度が上がっても良いオペラだと思うのだが、私が行った日で、わずか73回目の上演でした。

 Idomeneo 11

Idomeneo (1781年、ミュンヘン・宮廷劇場にて初演)
演出: Jean-Pierre Ponnelle
指揮: James Levine
Idomeneo: Matthew Polenzani
Idamante: Alice Coote
Ilia: Nadine Sierra
Elettra: Elza van den Heever
Arbace: Alan Opie
Voice of Neptune: Eric Owens ほか
2017年3月25日、メトロポリタン歌劇場


⇒ ポレンザーニ出演のメト「ロベルト・デヴリュー」感想

⇒ クート出演のメト「ばらの騎士」感想

⇒ レヴァイン指揮のメト「ナブッコ」感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード