内田光子 ピアノ・リサイタル 〜 珠玉のシューマン!

毎年カーネギー・ホールにてリサイタルを開いている内田光子。私もほぼ毎年聴きに行っているはずなのだが、あいにく昨年はスケジュールが合わず、一昨年の、ソプラノのドロテア・ロシュマンとのジョイント・リサイタル以来!

 Uchida 1

2015年のジョイント・リサイタルでもシューマンの歌曲を中心としたプログラムだったのだが、今回もシューマンの代表作、クライスレリアーナ幻想曲を揃えたプログラム!

      Uchida 2

リサイタルの前半、まずはモーツァルトの可憐なハ長調、K545のピアノ・ソナタ「初心者のための小さなソナタ」と題された、ピアノを習った事のある人なら、誰でも知っているほど親しまれている曲だが、内田さんは豊かなニュアンスを込めながら、可憐なこの曲を魅力的に演奏してくれ、上々の滑り出し。

 Uchida 3

続いて、シューマンクライスレリアーナ。後に妻となるクララとの熱烈な恋愛中に作曲された、全8曲からなるピアノ曲集だが、それぞれの曲想を繊細にニュアンス付けながら弾き分けていくさまは、まさに内田さんの独壇場!

 Uchida 4

後半は、今回のニューヨーク初演に先立って、内田さんによって1月にハンブルクにて初演されたドイツの作曲家、ヨルグ・ウィッドマンSonatina facile。プログラムの最初に演奏されたモーツァルトハ長調ソナタへのオマージュとして作曲されたこの曲、随所にモーツァルトのソナタのメロディが織り込まれて、それが自在に変容していくといった趣きの曲で、内田さんによって生き生きと演奏された。

 Uchida 6

プログラムの最後は、シューマンのこれまた代表的なピアノ作品である幻想曲クライスレリアーナに引き続いて作曲されたこの作品でも、内田さんは細やかなニュアンスでこの曲の多様な魅力を見事に引き出しいて、スケールの大きさこそないかも知れないが、感動的な演奏だった!

 Uchida 5

内田光子 ピアノ・リサイタル
Mozart: Piano Sonata No. 16 in C major, K. 545
Schumann: Kreisleriana, Op. 16
Widmann: Sonatina facile (2016, New York Premiere)
Schumann: Fantasy in C major, Op. 17
2017年3月30日、カーネギー・ホール


⇒ 2015年のドロテア・ロシュマンとのジョイント・リサイタル感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード