マンチェスター・バイ・ザ・シー 〜 ケイシー・アフレックがアカデミー主演男優賞を獲得!

「ギャング・オブ・ニューヨーク」(02年)の脚本などで知られるケネス・ロナーガン監督が、ケイシー・アフレックを主演に迎えて撮りあげた人間ドラマ。 2016年のサンダンス映画祭でプレミエ上映されて高い評価を得た後、全米では11月に限定公開され、上映館数が拡大された公開5週目に興行ランキングの6位にランクインしている。今年のアカデミー賞では、作品・監督賞を始め6部門でノミネートされ、アフレックが見事主演男優賞に輝いている。

      Manchester by the Sea

ボストン郊外で便利屋をして生計を立てている孤独な男リー(アフレック)は、兄のジョー(カイル・チャンドラー)が急死したとの報を受け、生まれ故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってくる。

 Manchester 1

兄の遺言で、16歳になる甥のパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人を引き受ける事になった彼は、彼の面倒を見るために故郷にとどまるうちに、自身が周囲に心を閉ざすきっかけとなった過去の痛ましい事件と向き合う事になる…

 Manchester 2

米国東部、マサチューセッツ州の冬の陰鬱な空の下、過去に自分が引き起こした悲劇から、周囲に心を閉ざしてしまった男が、甥との交流を通じて過去と向き合っていく姿を、淡々と追った映画。

 Manchester 3

といっても、陰鬱なままの映画というわけではなく、いきなり同居する事となったリーパトリックのちぐはぐでコミカルな会話が、画面に軽やかさをもたらしていて、重苦しい映画になるのを防いでいる。

 Manchester 4

悲しさを内に秘めながら孤独に生きてきた男を演じるアフレックはさすがだし、アカデミー助演男優賞に輝いたヘッジズ、出番は少ないながら同じくアカデミー助演女優賞に輝いたリーの元妻ランディ役のミシェル・ウィリアムズらも説得力のある演技で映画を引き締めている。いい映画だと思うが、どことなくアカデミーの会員が好きそうなストーリーで映画を作りました、という印象を受けるのは私だけだろうか…  ⇒ 8/10点

 Manchester 5

マンチェスター・バイ・ザ・シー
Manchester by the Sea (2016年・アメリカ)
監督: Kenneth Lonergan
キャスト: Casey Affleck, Lucas Hedges, Michelle Williams, Kyle Chandler, Ben O'Brien, Gretchen Mol, C.J. Wilson, Tate Donovan, Kara Hayward, Anna Baryshnikov, Heather Burns, Erica McDermott, Matthew Broderick, Oscar Wahlberg ほか
上映時間: 137分


⇒ アフレック出演作「ザ・ブリザード 」(16年)感想

⇒ ウィリアムズ出演作「オズ はじまりの戦い」(13年)感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード