ばらの騎士 @ メトロポリタン・オペラ 〜 ルネ・フレミング最後の元帥夫人!

今シーズン最後のメトは、新演出となったR・シュトラウスの傑作、ばらの騎士

 Rosen 01

カナダの演出家、ロバート・カーセンによる新演出となった今回の舞台だが、それ以上に話題となったのが、長年にわたり世界中のオペラハウスで活躍してきた名ソプラノ、ルネ・フレミングにとって最後となる元帥夫人

      Rosen 02

最近では声の衰えを巧みな歌い口でカバーしてさすがと思わせる歌唱を披露してくれていたフレミングだが、彼女の当たり役の一つであるこの元帥夫人では、歌い口の美しさはもちろん、情感のこもった気品溢れる歌唱で、さすがだった!私が行ったのは最終日の公演だったのだが、終演後舞台上から紙吹雪が撒かれ、観客からも惜しみない拍手が注がれていた。

 Rosen 03
 Rosen 04
 Rosen 05
 Rosen 06

オクタヴィアンは当代きっての人気メゾ、エリーナ・ガランチャ。美声の持ち主ではあるものの、かっては薄口な表現が物足りなかったものだが、最近は感情表現にも奥行きを感じるようになり、この役はそれほど深い感情表現が要求されるわけではないとはいえ、こちらも情感のこもった歌で盛り上げていた。

 Rosen 07
 Rosen 08

ゾフィー役は若手コロラトゥーラ・ソプラノのエリン・モーリーだが、こちらは役に相応しい可憐な歌唱!

 Rosen 09
 Rosen 10

オックス男爵役はオーストリア出身のバス、ギュンター・グロイスベック。声量は十分だが、やや真面目な感じのオックス男爵といった感じだった。

 Rosen 11
 Rosen 12

この他では、テノール歌手役を務めたマシュー・ポレンザーニが伸びやかな美声で聴衆を魅了していた。

 Rosen 13
 Rosen 14

カーセンの舞台は、時代設定や舞台背景などを変えたりせず、意外にオーソドックスで洗練されたものになっていて、フレミングの晴れ舞台に相応しいものだった。

 Rosen 15

最後に指揮のセバスティアン・ヴァイグレ。2008年よりフランクフルト歌劇場の音楽監督を務め、ヨーロッパを中心に活躍している指揮者だが、メトにも先般上演されていたフィデリオを始め、これまでに数度客演している。今まではどちらかといえば、それほど印象に残った指揮者ではなかったのだが、今回はニュアンスに富んだ、素晴らしい出来栄えで、この名作オペラを堪能するのに相応しい音楽作りだった!

 Rosen 16


 Rosen 17
 Rosen 18

ばらの騎士(1911年、ドレスデン王立劇場にて初演)
演出: Robert Carsen
指揮: Sebastian Weigle
The Marschallin: Renee Fleming
Octavian: Elina Garanca
Sophie: Erin Morley
Baron Ochs: Gunther Groissbock
Italian Singer: Matthew Polenzani ほか
2017年5月13日、メトロポリタン歌劇場


⇒ 2013 - 14年シーズンのメト「ばらの騎士」感想

⇒ カーセン演出のメト「ファルスタッフ」感想

⇒ ヴァイグレ指揮のメト「フィデリオ」感想

⇒ フレミング出演のメト「メリー・ウィドウ」感想

⇒ ガランチャ出演のメト「ロベルト・デヴリュー」感想

⇒ モーリー出演のメト「ホフマン物語」感想

⇒ グロイスベック出演のメト「タンホイザー」感想

⇒ ポレンザーニ出演のメト「イドメネオ」感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード