北米興行成績 (2017年7月24日)

日本に負けず劣らず暑いニューヨーク。湿度が低いのが救いだが、屋内は逆に強烈に冷房が効いたりしていて体の調節が難しいのが悩ましい。さて、先週末はクリストファー・ノーラン監督の注目の最新作が全米公開されたが:

① Dunkirk (初登場)
② Girls Trip (初登場)
③ Spider-Man: Homecoming (第3週、前週2位)
④ War for the Planet of the Apes (第2週、前週1位)
⑤ Valerian and the City of a Thousand Planets (初登場)
⑥ Despicable Me 3 (第4週、前週3位)
⑦ Baby Driver (第4週、前週4位)
⑧ The Big Sick (第5週、前週5位)
⑨ Wonder Woman (第8週、前週6位)
⑩ Wish Upon (第2週、前週7位)


第二次世界大戦初期の連合軍によるダンケルク撤退作戦を描いたノーラン監督の最新作 "Dunkirk" は、興行収入 51百万ドルで前週トップの "War for the Planet of the Apes" に代わってトップに立った。シリーズ作品ではない単独の作品でトップに立ったのは、今夏初めてで、4月の "The Boss Baby" 以来。批評家からの評価は高く、観た人の平均評価も A- と良好。

      Dunkirk Poster

興行収入 30百万ドルで続く2位に入ったのが、すっかり夏の定番となった感がある R指定のコメディ映画、"Girls Trip"クィーン・ラティファをはじめとするオール・ブラック・ 女性キャストの本作、観た人の平均評価 A+ と絶賛されている。

      Girls Trip Poster

興行収入 17百万ドルで5位にとどまったのが、フランスリュック・ベッソン監督の最新SF映画、"Valerian and the City of a Thousand Planets"。制作費180百万ドルをかけた大作としては不本意な出だしだが、本国フランスではどこまで観客動員出来るだろうか。観た人の平均評価も B- と微妙。

      Valerian Poster

限定公開作では、ギリアン・ロペスピエール監督のアンサンブル・コメディ映画、"Landline" が4館、カトリーヌ・ドヌーヴ主演の "The Midwife" 3館で公開され、いずれも評判が良いようだ。

      Landline Poster
      Midwife Poster
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード