ニューヨーク・レストラン: Sevilla ~ マンハッタンのスペイン料理屋の草分け

日本から出張で来ていた高校・大学時代の友人と一緒に、ウエスト・ヴィレッジにある Sevilla

     Sevilla 1

Luis FernandezAlfonso Uchupiウエスト・ヴィレッジにあったアイリッシュ・パブを買い取ってスペイン・レストランとしてオープンしたのが1941年。その後何度かのオーナーの交代を経て、現在まで人気スペイン・レストランとして営業を続けている。

20世紀の初頭は、エドガー・アラン・ポーマーク・トゥエインらの作家や様々な芸術家が住みついてボヘミアン的雰囲気が色濃かったウェスト・ヴィレッジだが、1930年代には、スペイン内戦を逃れて多くのスペイン人が移住し、リトル・スペインとして知られるようになった。その事より、マンハッタンにおけるスペイン・レストラン発祥の地とも言われており、この店もその草分け。

店に入ると、50年前の世界にタイムスリップしたかのような雰囲気。多分、開店して以来、内装は変わっていないのだろう。

     Sevilla 2

メニューを開くと、種々のタパスやパエリアなど、スペイン料理の伝統的な料理が並んでいる。まずはタパスを幾つかオーダー。

     Sopa de Ajo
     Sopa de Ajo (にんにくのスープ)
     White Asparagus
     White Asparagus
     Gambas Ajillo
     Gambas Ajillo (小海老のガーリック風味)
     Pulpo Ajillo
     Pulpo Ajillo (タコの煮込みガーリック風味)

タパスは奇をてらう事のない、安心できる味。Sopa de Ajo は冬のマドリードで初めて食べて病みつきになって以来、家でも時々作ったりしているが、ここのはガーリックで風味付けをしたパンが入っておらず、割合あっさりした感じ。

メインはもちろんパエリアをオーダー。これも極めて真っ当な味。

     Paella Valenciana
     Paella Valenciana

デザートは、スペインらしくないが、Tartufo。結構量が多い!

     Tartufo.jpg
     Tartufo

料理の質については、ミッドタウンの Solera の方が上だと思うが、昔の時代にタイムスリップしたかのような雰囲気を味わいたのなら、ここもお勧め (ちょっとサングリア飲みすぎました...)。

       Sevilla 
       62 Charles St.(at West 4th Street)
      Tel. 212-929-3189
      12PM ~ 12AM (金・土: ~1AM; 日: 1PM~)
      アラカルト
      Zagat評価: 22/14/20/$42 (料理/内装/サービス/予算)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード