FC2ブログ

北米興行成績 (2018年8月6日)

再び真夏の暑さが戻ってきた先週末のニューヨークだが、北米映画界では、全米公開作3本がデビュー:

① Mission: Impossible - Fallout (第2週、前週1位)
② Disney's Christopher Robin (初登場)
③ The Spy Who Dumped Me (初登場)

④ Mamma Mia: Here We Go Again (第3週、前週2位)
⑤ The Equalizer 2 (第2週、前週3位)
⑥ Hotel Transylvania 3: Summer Vacation (第4週、前週4位)
⑦ Ant-Man and the Wasp (第5週、前週6位)
⑧ The Darkest Minds (初登場)
⑨ Incredibles 2 (第8週、前週7位)
⑩ Teen Titans Go! To the Movies (第2週、前週5位)


前週トップ発進した "Mission: Impossible - Fallout" は先週も興行収入 35百万ドルで首位を堅持。

 Fallout.jpg

興行収入 25百万ドルで2位に入ったのが、"Disney's Christopher Robin"ディズニーにとっては、3月に公開された "A Wrinkle in Time" に続く残念なスタートとなった。観た人の平均評価は A と好評で、批評家からの評価もまずまず。

      Christopher Robin Poster

興行収入 12百万ドルで3位スタートとなったのが、ミラ・クニス主演のアクション・コメディ "The Spy Who Dumped Me"。こちらは批評家からの評価はまちまちで、観た人の平均評価は B

      Spy Who Dumped Me Poster

興行収入 5.8百万ドルで大きく引き離されての8位となったのが、SF映画 "The Darkest Minds"。こちらも観た人の平均評価は B だが、批評家からの評価は芳しくない。

      Darkest Minds Poster

この他では、1,005館で公開された過激な保守派論者の Dinesh D'Souza のドキュメンタリー映画 "The Death of Nation" は相変わらず賛否両論を巻き起こしているが、トップ10入りする事は出来なかった。

      Death of Nation Poster

限定公開作では、クロエ・グレース・モレッツ主演の "The Miseducation of Cameron Post" が 2館で公開され、高い評価を得ている他、韓国発ファンタジー "Along with the Gods: The Last 49 Days" が 48館、コメディ映画 "Never Goin' Back" が2館でそれぞれ公開され、まずまずの評判のようだ。

    Miseducation Poster
      Along with Gods Poster
      Never Goin Back Poster
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 興行収入ランキング
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード