FC2ブログ

ニューヨーク映画祭で是枝裕和監督の「万引き家族」を上映!

毎年、アカデミー賞の有力候補作が上映される事で知られるニューヨーク映画祭。今年は9月28日から10月14日までの開催だが、コロンバス・デイの月曜日に上映された是枝裕和監督の「万引き家族」を観にマンハッタンまで。

 Shoplifters 1

       Shoplifters 2

是枝監督の最新作である本作は、今年のカンヌ国際映画祭で見事最高賞であるパルム・ドールを獲得した後、6月に全国公開されている。全米では11月に公開される予定。

     Shoplifters Poster

上映に先立って、主催者側から簡単な作品紹介と、ビデオで是枝監督の挨拶が流された後、上映開始。

 Shoplifters 3

東京の下町、高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、日雇い労働者の(リリー・フランキー)と近所のクリーニング店で働く信代(安藤サクラ)の夫婦、小学生だが学校に通っていない息子の祥太(城桧吏)信代の妹でJKリフレ店で働いている亜紀(松岡茉優)の4人が暮らしている。

 Shoplifters 4

実は彼らは、この家の持ち主である初枝(樹木希林)の年金を目当てに転がり込んできていて。足りない生活費は、祥太が万引きをして稼いでいた。

 Shoplifters 5

社会の底辺で生きていながら、なぜかいつも笑いが絶えず、仲よく暮らしている彼らだったが、ある日、近隣の団地の外で震えていた幼い女の子(佐々木みゆ)を見かねたが家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女を不憫に思った信代は、女の子をりんと名付け、自分の娘として育てることにするのだが─

 Shoplifters 6

是枝監督の名を知らしめた「誰も知らない」(04年)「そして父になる」(13年)と同様、現代における家族のあり方を描いた作品だが、設定としてはこれが一番風変わりかもしれない。

 Shoplifters 7

この風変わりな家族の一人一人が、それぞれ現代社会の問題を体現している感じで、物語が進むにつれ、家族の実の関係が明らかになっていくのだが、この辺りのストーリー展開のうまさは、さすが是枝監督!

 Shoplifters 8

最近亡くなった樹木希林リリー・フランキーを始め、役者さんたちの素晴らしい演技がこの風変わりなストーリーを支えているが、私が一番印象に残ったのは安藤サクラの迫真の演技。独特な空気感を醸し出す女優さんだが、主人公を務めるNHK朝ドラではどんな演技を見せてくれるだろうか。

 Shoplifters 9

他の是枝作品同様、ストーリー展開とそれを支える映像が、観客が分かり易く明快なのが、逆に観る者の想像力を奪っているように感じるのが少し残念なのだが、これまでの是枝監督の映画の中では一番好きな作品。  ⇒ 9/10点

 Shoplifters 10

万引き家族
Shoplifters (2018年・日本)
監督: 是枝裕和
キャスト: リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、池松壮亮、城桧吏、佐々木みゆ、高良健吾、池脇千鶴、樹木希林 ほか
上映時間: 120分


⇒ 是枝監督・樹木希林出演の「海街 diary」(15年)感想太鼓判!!

⇒ リリー・フランキー出演作「お父さんと伊藤さん」(16年)感想

⇒ 松岡茉優出演作「ちはやふる -上の句-」(16年)感想
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード