DBGB Kitchen & Bar 再訪

料理も美味しく、使い勝手の良い DBGB を内輪の宴席で再訪。

 DBGB 01

平日の中日にも関わらず、店内は相変わらずの盛況ぶり!

 DBGB 02

こちらはキッチン

      DBGB 03

まずは乾杯。ここはフレンチ・ビストロだが、マイクロ・ブリュワリーからベルギー・ビールまで、ビールの種類も豊富。今回は対岸のロングアイランド・シティにあるマイクロ・ブリュワリーの、こちらでは珍しい大瓶を頼んでみる。

      DBGB 04

こちらはブレッド

 DBGB 07

さて、料理の方はいつもの通り、パテやハム類の盛り合わせから:

【Charcuterie Board】

 DBGB 05

そして、ビールのつまみには欠かせないこれも:

【Beer Battered Calamari】

 DBGB 06

【Sausage Duo; Vermont and Tunisienne】

 DBGB 08

5種類あるソーセージから2種類をチョイス出来る。今回はスパイシーなメルゲス・ソーセージに、チェダーチーズ風味のソーセージ。どちらも美味!

【Hand Cut Steak Tartare】

 DBGB 09

この店のタルタル・ステーキは隠れた逸品で、生肉の旨みを堪能できる!

【Moules Frites】

 DBGB 10

白ワインならぬシードル(リンゴの発泡酒)で蒸したムール貝。これも王道の味!

デザートは、これはアメリカンなベイクド・アラスカ。テーブル・サイドでブランデーでフランベしてくれる演出が楽しい!

 DBGB 11
 DBGB 12

今回は酒のつまみ的に前菜を中心に頼んで、みんなでシェアしたが、フレンチらしく前菜・メイン・デザートといった正統的な注文ももちろん出来るし、料理もどれもハズレがなく、使い勝手が良い店!

DBGB Kitchen & Bar
299 Bowery (Btw Houston & 1st St.)
Tel. 212-933-5300
ランチ(金のみ): 12 - 3PM
ブランチ(土・日): 11AM - 3PM
ディナー: 5PM - 12AM (金・土: - 1AM; 日・月: - 11PM)
Zagat 評価: 4.2/4.1/4.1 (料理/内装/サービス)


⇒ レストラン・ウィークでの訪問記

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

Root & Bone 〜 イースト・ヴィレッジで人気のフライドチキンの店

ここ数年、なぜかフライドチキン専門店の数が増えてきているマンハッタン。その中でも人気のある Root & Bone

 Root 1

共に、人気料理系リアリティ番組、Top Chef に出場した経験がある、Jeff McInnisJanine Booth が、2014年6月にイースト・ヴィレッジにオープンした、フライドチキン専門店。美味しいフライドチキンが食べられるとして、連日フライドチキン好きのアメリカ人で賑わっている。

 Root 4

今回はテイクアウトでオーダーする事にし、午後の早い時間に店を訪れる。ランチタイムを過ぎていたため、さすがにお客さんはまばら。

   Root 2

元々、黒人のソウルフードとして、アメリカ南部で広まったものだが、この店も看板のフライドチキンを中心に、バターミルク・ビスケットコラード・グリーンなど、南部の伝統的な料理がズラリと並んでいる。この日は、自慢のフライドチキンのみ(ハーフ)をテイクアウト。

 Root 3

カラッと揚げられた大ぶりなチキンは、油っこくなく、衣が巧く肉のジューシーさを閉じ込めていて、さすがに美味しい! ボリュームもたっぷりで、満足でした!

Root & Bone
200 East 3rd Street (Btw Av A & B)
Tel. 646-682-7076
営業時間: 11:30AM-10:30PM (金: -11:30PM; 土: 10:30AM-11:30PM; 日: 10:30AM-10:30PM)
Zagat 評価: 4.4/3.0/4.1 (料理/内装/サービス)

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

Buenos Aires 〜 NY在住のアルゼンチン人が集まる名店でステーキを堪能!

今回訪れた店は、ニューヨーク在住のアルゼンチン人が集まるイースト・ヴィレッジのアルゼンチン料理店、Buenos Aires

 Buenos 1

こじんまりとした店は、サッカー大国アルゼンチンの料理を出すレストランらしく、壁一面にサッカー・チームのユニフォームやペナントが飾られている。もちろん、マラドーナのサイン入り写真も!

 Buenos 2
 Buenos 3

アルゼンチン出身の女性オーナーが、ニューヨークでは故国アルゼンチンの料理を忠実に再現したレストランが見つからない事から、自らオープンしたこの店は、ニューヨーク在住のアルゼンチンの人達より厚い支持を集めているよう。メニューはそうした人達の要望に応えるかのように、伝統的なアルゼンチン料理が並んでいる。

 Buenos 4
 こちらはブレッド

 Buenos 5
 Buenos 6

料理に先立って、まずは付き出しが出される。オリーブやトマトの詰め物、熟成されたバルサミコ酢を垂らしたチーズなど、気前が良い!

そして前菜:

【Chorizo Picante】

 Buenos 7

【Empanadas Argentinas; Mozarella, Tomato & Basil】

 Buenos 8

スパイシーなチョリソーは、かみしめると肉汁がジュワッと口の中に溢れ出てきて美味しく、食べ応え十分。エンパナーダは肉を詰めたものではなく、モッツァレラ・チーズとトマトを詰めたものにしたが、これがまた絶妙のマッチングで美味しい!

そして、メインは何と言っても肉!

【Entraña Especial Buenos Aires 32 oz.】

 Buenos 9

この店では、一般のステーキハウスでポピュラーなポーターハウスなども提供しているが、ここはアルゼンチンらしく、ハラミ肉のステーキ。店のスペシャリテである2人前のスペシャル・ステーキは二重になった大ぶりの肉が2枚も出てきて、あっと驚くボリューム! 店特製のチミチュリ・ソースと絶妙のマッチングで、いくらでも食べれそうな勢いではあったのだが、いかんせん、量が多すぎて途中で降参。。。

それでも頑張って別腹のデザートだが、ここはシンプルにプリン

【Flan】

 Buenos 10

リーズナブルな値段で思い切りステーキを楽しめるのがいい。また再訪します!

Buenos Aires
513 East 6th Street (Btw Av. A & B)
Tel. 646-963-9937
営業時間: 12 - 11PM (金・土: - 12AM)
Zagat 評価: 4.4/3.4/4.1 (料理/内装/サービス)


⇒ トレンディなアルゼンチン料理店のニューフェイス、Balvanera 訪問記

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

Balvanera 〜 ロウアー・イーストサイドで人気のアルゼンチン料理店

日本に帰国する同僚の送別会で訪れたのが、2014年にロウアー・イーストサイドにオープンして、じわじわと人気が出てきているアルゼンチン料理店、Balvanera

 Balvanera 1

アルゼンチン出身のシェフ、Fernando Navas はあのエル・ブジノブなどの一流店で働いた経験を持つ本格派。マンハッタンのアルゼンチン料理店といえば、ひたすら肉、という店が多い中、この店はそうした店とは一線を画す料理の質の高さで人気を呼んでいる。店の中に入ると、トレンディな感じのお客さんが多いのに目を奪われる(モデルのような雰囲気の女性客が多いのはなぜだろう?)。ロウアー・イーストサイドの、ちょっと寂しげな通りにあるのだが、ここだけは別世界といった感じ。しかも夜が深まるにつれ、お客さんがひっきりなしに入ってきて、店の奥にあるバーエリアなど、お客さんで鈴なり!

 Balvanera 2

さて、モダン・アルゼンチン料理を標榜する店の料理だが、結局注文した料理をみると、伝統的な料理が多い結果となってしまった。。。

【Empanadas】

 Balvanera 3

ご存知エンパナーダ。ロースト・ビーフなどを詰めたものなど、2種類用意されているが、今回は2種類ともオーダー。

【Jamon】

 Balvanera 4

【Chorizo】

 Balvanera 5

単にスパイシーだけではない、豚肉の旨味が味わい深いチョリソー。

 Balvanera 6

ワインはもちろん、アルゼンチン産のマルベックパタゴニア地方にあるワイナリーのもので、少しメルローも加えられているようだ。

【Tabla de Carnes】

 Balvanera 7

本日は人数が多かったので、各種肉の盛り合わせを頼んでみる。日によってラインアップが変わるそうで、この日はチョリソー、血詰めのソーセージに、リブアイ・ステーキ、そしたはらみ肉のステーキ!

【Entrana】

 Balvanera 8

アルゼンチンのステーキと言ったらこれ、ハラミ肉のステーキ。赤身肉の旨味を堪能できる逸品!

Balvanera 9

【Torrejas】

 Balvanera 10

デザートにはドルチェ・デ・レーチェ風味の濃厚なブリオッシュ・ケーキ。

【Cremoso di Chocolate】

 Balvanera 11

こちらはオリーブオイルのジェラートが添えられたチョコレートムース

まだまだメニューには、試してみたい料理があったので、また訪れてみたい店!

Balvanera
152 Stanton Street (@ Suffolk St.)
Tel. 212-533-3348
ディナー: 5 - 11PM (木〜土: -12AM; 日: -10PM)
ブランチ: 11AM - 4:30PM
Zagat 評価: 4.5/4.0/4.4 (料理/内装/サービス)

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

DBGB Kitchen and Bar @ Restaurant Week

春先に訪れて気に入った DBGB Kitchen and Bar に、夏のレストラン・ウィークで再度訪問。

 DBGB 01

この店のレストラン・ウィークのメニューは、前菜・メイン各4種、デザート3種のチョイスか選択するようになっている。その中から:

 DBGB 02

【Pate Campagnard; Pork Liver, Cornichon, Sourdough】

 DBGB 03

【Heirloom Tomato Salad; Ricotta, Basil Pesto, Red Onion】

 DBGB 04

【Melon Gazpacho; Grilled Shrimp, Mint Gremolata】

 DBGB 05

【Pan Roasted Porgies; Green Tomato Relish, Haricots Verts, Corn Fritter, Sauce Vierge】

 DBGB 06

【Yankee Cheese Burger; with Ice Berg, Tomato & Visalia Onion, Sesame Bun with an Essex St. Pickle & Fries】

 DBGB 07

料理はどれも無難な感じだが、バーガーなどは、普通過ぎる感じで、レストラン・ウィークのメニューとはいえ、フレンチのレストランならではのひと工夫が欲しかった…

【Key Lime Pie; Graham Crackers, Creme Fraiche, Candied Lime】

 DBGB 08

【Profiteroles; Vanilla Ice Cream, Caramelized Almonds, Chocolate Sauce】

 DBGB 09

【Tropical Pavlova; Coconut Meringue, Tropical Fruits, Whipped Cream】

 DBGB 10

デザートはなかなか高水準の仕上がりで、トロピカルな雰囲気満点なパヴロヴァなど、夏らしい!

DBGB Kitchen and Bar
299 Bowery (Btw Houston & 1st St.)
Tel. 212-933-5300
ランチ(金のみ): 12 - 3PM
ブランチ(土・日): 11AM - 3PM
ディナー: 5PM - 12AM (金・土: - 1AM; 日・月: - 11PM)
Zagat 評価: 4.2/4.2/4.1 (料理/内装/サービス)


⇒ 前回訪問記

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード