Happy Father's Day!

父の日に、娘がマカロンを作ってくれましたが、これが本格的でびっくり(親バカですみません)! これはちょっと驚きました。

 Father 1

夕食は家内が作ったのですが、最後のご飯だけ娘が用意し、生わさびを調達してきてわさび丼! 最近、昔の孤独のグルメを観ていて「わさび丼が食べたい」とつぶやいていたのを聞いていたらしいのですが、いい父の日になりました!

 Father 2
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

ハクソー・リッジ 〜 戦場における信仰を描いたメル・ギブソン監督の秀作!

第2次世界大戦中のアメリカ軍で、信仰のため銃を持たずに沖縄戦に従軍した実在の兵士を描いたメル・ギブソン監督の最新作。2016年のヴェネツィア国際映画祭でプレミエ上映され絶賛された後、全米では同年11月に公開され、公開週に興行ランキングの3位にランクインしている。今年のアカデミー賞では、作品・監督・主演男優賞(アンドリュー・ガーフィルド)など6部門でノミネートされ、録音賞と編集賞の2冠に輝いている。

      Hacksaw Ridge Poster

子供の頃に、激しやすい性格から兄を傷つけてしまった事がきっかけで、深い信仰心を持つようになったデズモンド(ガーフィールド)。愛国心の強い彼は、青年になって第2次世界大戦が勃発すると、進んで軍隊に志願する。

 Hacksaw 1


厳しい訓練には持ち前のガッツでついていくデスモンドだが、人を傷つけてはいけないという強い信念から銃を持つことを拒否したために、周囲と軋轢が生じ、軍法会議にもかけられてしまう。妻ドロシー(テリーサ・パーマー)や父トム(ヒューゴ・ウィーヴィング)の尽力で、ようやく銃を携行しないでの従軍が認められる。

 Hacksaw 2

そして戦争末期1945年5月、所属部隊の衛生兵として沖縄戦に派遣される事となったデスモンドは、グローヴァー大尉(サム・ワーシントン)に率いられ、仲間の兵士たちとともに沖縄に上陸するが、彼らの眼の前にはハクソー・リッジ(日本では前田高地)と呼ばれる難攻不落の断崖絶壁がそびえていた。デスモンドたちは、太平洋戦争で最も激戦と言われた過酷な戦闘に身を投じる事になる…

 Hacksaw 3

太平洋戦争中、最大の激戦地の一つと言われた沖縄戦の前田高地の戦いを舞台にしたメル・ギブソン監督の最新作は、この監督らしく、クライマックスのハクソーリッジの攻防戦のシーンでは、最新の撮影技術を駆使したリアルで壮絶な戦闘シーンが繰り広げられる。

 Hacksaw 4

しかし、この映画の中心はその戦闘シーンにあるのではなく、極限状況の中でも自分の信仰を貫いたデスモンドの姿。砲弾や銃弾が飛び交う中、丸腰で高地と崖を往復し、多数の仲間の兵士を救護していく姿は、戦闘シーンが壮絶であるだけに、ひときわ印象強く浮かび上がってくる。

 Hacksaw 5

スパイダーマン・シリーズへの出演を続ける事を断り、本作やマーティン・スコセッシ監督「沈黙」(16年)への主演で、演技派俳優としての地歩を着々と固めているガーフィールドの抑えた演技は素晴らしく、この信じられないような主人公の行動にしっかりとした現実感を与える事に成功している。

 Hacksaw 6

第1次世界大戦に従軍し、そのトラウマから抜け出せないでいるデスモンドの父親トムを演じたウィーヴィングや先輩士官たちを演じたワーシントンヴィンス・ヴォーンらも好演。最近はお騒がせ芸能人といったイメージが先行していて、俳優としても監督としてもあまりパッとした作品がなかったメル・ギブソンだが、これは久々の秀作!

 Hacksaw 7

ハクソー・リッジ
Hacksaw Ridge (2016年・オーストラリア/アメリカ)
監督: Mel Gibson
キャスト: Andrew Garfield, Teresa Palmer, Hugo Weaving, Sam Worhington, Luke Bracey, Vince Vaughn, Ryan Corr, Rachel Griffiths, Richard Roxburgh, Luke Pegler, Richard Pyros, Ben Mingay, Firass Dirani, Damien Thomlinson, Matt Nable, Robert Morgan, Nathaniel Buzolic ほか
上映時間: 139分


⇒ ギブソン出演作「マチューテ・キルズ」(13年)感想

⇒ ガーフィールド主演作「アメイジング・スパイダーマン2」(14年)感想

⇒ ウィーヴィング出演作「ホビット 決戦のゆくえ」(14年)感想オススメ!

⇒ ワーシントン主演のスリラー「崖っぷちの男」(12年)感想

⇒ パーマー出演作「魔法使いの弟子」(10年)感想
関連記事

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

本日の一杯: Mee Noodle Shop のチャーシュー麺

相変わらず安定の一杯!

 Mee 1
 Mee 2

Mee Noodle Shop
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

ばらの騎士 @ メトロポリタン・オペラ 〜 ルネ・フレミング最後の元帥夫人!

今シーズン最後のメトは、新演出となったR・シュトラウスの傑作、ばらの騎士

 Rosen 01

カナダの演出家、ロバート・カーセンによる新演出となった今回の舞台だが、それ以上に話題となったのが、長年にわたり世界中のオペラハウスで活躍してきた名ソプラノ、ルネ・フレミングにとって最後となる元帥夫人

      Rosen 02

最近では声の衰えを巧みな歌い口でカバーしてさすがと思わせる歌唱を披露してくれていたフレミングだが、彼女の当たり役の一つであるこの元帥夫人では、歌い口の美しさはもちろん、情感のこもった気品溢れる歌唱で、さすがだった!私が行ったのは最終日の公演だったのだが、終演後舞台上から紙吹雪が撒かれ、観客からも惜しみない拍手が注がれていた。

 Rosen 03
 Rosen 04
 Rosen 05
 Rosen 06

オクタヴィアンは当代きっての人気メゾ、エリーナ・ガランチャ。美声の持ち主ではあるものの、かっては薄口な表現が物足りなかったものだが、最近は感情表現にも奥行きを感じるようになり、この役はそれほど深い感情表現が要求されるわけではないとはいえ、こちらも情感のこもった歌で盛り上げていた。

 Rosen 07
 Rosen 08

ゾフィー役は若手コロラトゥーラ・ソプラノのエリン・モーリーだが、こちらは役に相応しい可憐な歌唱!

 Rosen 09
 Rosen 10

オックス男爵役はオーストリア出身のバス、ギュンター・グロイスベック。声量は十分だが、やや真面目な感じのオックス男爵といった感じだった。

 Rosen 11
 Rosen 12

この他では、テノール歌手役を務めたマシュー・ポレンザーニが伸びやかな美声で聴衆を魅了していた。

 Rosen 13
 Rosen 14

カーセンの舞台は、時代設定や舞台背景などを変えたりせず、意外にオーソドックスで洗練されたものになっていて、フレミングの晴れ舞台に相応しいものだった。

 Rosen 15

最後に指揮のセバスティアン・ヴァイグレ。2008年よりフランクフルト歌劇場の音楽監督を務め、ヨーロッパを中心に活躍している指揮者だが、メトにも先般上演されていたフィデリオを始め、これまでに数度客演している。今まではどちらかといえば、それほど印象に残った指揮者ではなかったのだが、今回はニュアンスに富んだ、素晴らしい出来栄えで、この名作オペラを堪能するのに相応しい音楽作りだった!

 Rosen 16


 Rosen 17
 Rosen 18

ばらの騎士(1911年、ドレスデン王立劇場にて初演)
演出: Robert Carsen
指揮: Sebastian Weigle
The Marschallin: Renee Fleming
Octavian: Elina Garanca
Sophie: Erin Morley
Baron Ochs: Gunther Groissbock
Italian Singer: Matthew Polenzani ほか
2017年5月13日、メトロポリタン歌劇場


⇒ 2013 - 14年シーズンのメト「ばらの騎士」感想

⇒ カーセン演出のメト「ファルスタッフ」感想

⇒ ヴァイグレ指揮のメト「フィデリオ」感想

⇒ フレミング出演のメト「メリー・ウィドウ」感想

⇒ ガランチャ出演のメト「ロベルト・デヴリュー」感想

⇒ モーリー出演のメト「ホフマン物語」感想

⇒ グロイスベック出演のメト「タンホイザー」感想

⇒ ポレンザーニ出演のメト「イドメネオ」感想
関連記事

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

アメリカン・アール・デコの宝庫、ロックフェラー・センター!

1930年代に頂点に達したニューヨークアール・デコ運動の中で、代表的な建築であるロックフェラー・センター

 Rock 1

GE ビルディングの入り口は見事な造形!

 Rock 2
      Rock 3




 
関連記事

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

アルページュ

Author:アルページュ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード